このページの本文へ移動

東京教育委員会

東京都都立高校生対象留学支援 次世代リーダー育成道場

東京都公式ホームページ
サイトマップ
文字サイズ
次世代リーダー育成道場とは
TOP > 留学をお考えの方 > 事前研修予定・開催レポート一覧 > 第一部「世界で活躍するリーダーによるご講演」、第二部「海外からの留学生との交流」

国際交流サミット
第一部「世界で活躍するリーダーによるご講演」、第二部「海外からの留学生との交流」

レポート写真01 レポート写真02 レポート写真03 レポート写真04 レポート写真05 レポート写真06 レポート写真07 レポート写真08 レポート写真09 レポート写真10 レポート写真11 レポート写真12 レポート写真13 レポート写真14 レポート写真15 レポート写真16 レポート写真17 レポート写真18 レポート写真19
11月25日(日)は、第一部「世界で活躍するリーダーによるご講演」、第二部「海外からの留学生との交流」で構成するイベントを開催しました。
レポート写真20
第一部の講演者は、はやぶさのプロジェクト・マネジャーを務められた独立行政法人宇宙航空研究開発機構(JAXA)のシニアフェローでいらっしゃる川口淳一郎先生、ユニリーバ・ジャパン・ホールディングス株式会社取締役人事総務本部長でいらっしゃる宮田裕子氏の2名です。
レポート写真21
川口先生からは、ご自身の開発体験を基に、はやぶさの成功要因は「技術より根性」であり、「組織内に流れていた、“こうすればできる”、という文化の血」であって、「やれる理由をみつけて挑戦しない限り成果を得られない」と、これから未来にはばたく研修生に対する激励を込めた貴重なお言葉を頂戴しました。また、「2番とは1番に格付けられていること」「高い塔を建ててみなければ新たな水平線は見えてこない」とチャレンジ精神をもって創造的に取り組んでいく姿勢の重要性に関してお話いただきました。
レポート写真22
宮田氏からは、10年後の世界を見据えてこれからどう準備していくべきかについてのお話と、グローバルカンパニーで働く環境を想定した問題提起がありました。また、川口先生のお話とも共通しますが、「リーダーとして生きるなら、知識は役に立たない」と、知識偏重に陥らず、成長の糧として若いときに厳しい環境を経験し、修羅場をくぐることがいかに重要かについてお話され、重ねて研修生への激励の意味を込めた貴重なお言葉をいただきました。
宮田氏は、道場の事前研修でご講演をいただく方々のうち唯一、実業界で活躍される方で、実際に企業で「働く」という環境を踏まえたお話を聞くことができました。
レポート写真23
第二部は、研修生と海外からの留学生との交流です。日本国際交流振興会が受け入れている留学生(高校生)や、東京大学、早稲田大学、慶応大学、一ツ橋大学に留学している大学生、立命館アジア太平洋大学に留学し、現在東京で働いている社会人をお招きし、研修生と「日本・日本人の強みと弱み」について英語で討議しました。
総勢約200名による討議でしたが、全体を15のグループに分け、最後にそれぞれのグループの代表の研修生が、各グループでの討議内容を発表し、新しい発見や海外からの留学生との視点の違いを共有しました。
レポート写真24
交流会は研修生にとって、これまでの英語の実践演習を通して培ってきた英語でのコミュニケーション・スキルを試す絶好の場でもありました。英語でコミュニケーションをとることに躊躇することがなくなってきている研修生が、活発に話しかけ、人の意見に耳を傾け、能動的に議論に加わっていたことが印象的でした。
研修生が海外研修や留学から日本に帰ってきたとき、「サミット」で討議した「日本と日本人の強み、弱み」を捉える視点がどのように変わっているのか、非常に楽しみです。
Copyright © TOKYO METROPOLITAN BOARD OF EDUCATION All rights reserved.